桜を見る会

スポンサーリンク
桜を見る会

「桜を見る会」なぜそんなにログが出せないのか?

2020年1月17日「桜を見る会」ヒアリング、第24回、国会召集前に急に開催されたようだ。 冒頭の質問となったのは、文書管理簿に2013年から2017年の「桜を見る会」の名簿の記載がなかったことだ。 文書管理法7条に違反する...
桜を見る会

「桜を見る会」白塗り改ざん、官房長官答弁に合わせた? #23

2020年1月16日「桜を見る会」ヒアリング、第23回目。 通常国会召集前の最後のヒアリングになる。 文書管理簿に2013年から17年までの「桜を見る会」の名簿が記載されていない法令違反は、目下最大の問題だが、もう一つの大問...
桜を見る会

「桜を見る会」改ざんされたのは首相推薦名簿を出す部局名 #22後編

1月14日のヒアリング、第22回目のまとめパート3になる。 文書管理法違反である文書管理簿への不記載、こちらの問題が大きくて、なかなかスポットが当たらない問題だが、内閣府官僚の「国会軽視」という意味からも、大問題な案件がある。...
桜を見る会

「桜を見る会」聞き取りメモを持ってくるのを忘れちゃった酒田総務課長#22中編

さて、「内閣府が聞き取り調査をしたメモ」の話題だ。 この記事は前回の続きである。 2013年から2017年の5年分の「桜を見る会」の名簿が「文書管理簿」に記載されていなかったことに関連してである。 これを担...
桜を見る会

「桜を見る会」首相と官房長官に虚偽説明の疑い#22前編

2020年1月14日、「桜を見る会」野党追及本部ヒアリング22回目である。 今回メインの問題は、やはり2013年~2017年までの5年間分の招待者名簿が、「行政文書管理ファイル」に記載されていなかったことである。 これは「名...
桜を見る会

「桜を見る会」総理決裁を簡素化したのは現場の担当者?後編

さて続きです。 2020年1月9日分の第21回目の「桜を見る会」野党追及本部ヒアリング、前編はコチラで。 最後に取り上げられた問題。 宮本徹議員が国立公文書館で発見した、小泉政権時代の桜を見る会名簿には、総...
桜を見る会

「桜を見る会」2013年~2017年の名簿が行政文書ファイルに存在しない!

2020年1月9日、第21回目の「桜を見る会」野党追及ヒアリングは、出だしからこれ。 黒岩議員「なかなかこのヒアリングに出てこない『人事課長』につきまして、おととい(7日)酒田総務課長を通じてお願いをして、昨日11時に私の部屋に来...
桜を見る会

「桜を見る会」まだまだ続く新年ヒアリング~後編~

1月7日、約2時間の「桜を見る会」野党ヒアリングの後半戦である。 前半は、以下の記事で。 後半のテーマは大きく二つ。 10月28日に改正された、内閣府の「文書保存期間表」について。 これが一つめ。 ...
桜を見る会

専門職者のヒアリング出席拒否と昭恵夫人のオトモダチ業者優遇

2020年初の「桜を見る会」野党ヒアリングも、とうとう通算で20回目を迎えた。 初回から約2時間と、なかなかのボリュームだ。 2019年最後のヒアリングで、いくつかの本質的な質問に酒田課長は答えられなかったので、実務者の話を...
桜を見る会

「桜を見る会」ヒアリング、やはり焦点は「公文書」

年の瀬押し迫る12月26日、第19回目の「桜を見る会」野党追及本部ヒアリングが行われた。 今回は2時間と長いのだが、今年最後のヒアリング、なるだけコンパクトにまとめようと思う。 最初のテーマは「前夜祭」。 ニューオータニで...
スポンサーリンク