国会

議論の書き起こしを交えて、国会もようを解説します。

スポンサーリンク
国会

「桜を見る会」前夜祭と「晩さん会」に共通する不透明

ホテルニューオータニで行われた、安倍事務所主催の「桜を見る会・前夜祭」について、参加者から集めた5000円という参加費が、どうにも収支が合わないという内容の記事を前回書いた。 今回は、前回記事の末尾にある毎日新...
国会

「桜を見る会」前夜祭、5000円の収支が合わない

3月4日、参・予算委から、福山哲郎議員の質疑から、桜を見る会の「前夜祭」についての質問があった。 ホテルニューオータニで、桜を見る会の前日に、安倍後援会によって開催された「前夜祭」で、参加者がそれぞれ5000円を払っていたこと...
国会

総理が官邸で身近な人とだけ相談して決める唐突な対策、記録もない

3月2日、参・予算委、棚橋委員長がいないことと、時間制限が片道式なので、少しリラックスして聞くことが出来る。 まず問題にされたのは、一斉休校がどういう科学的知見や根拠に基づいて決断されたか、ということだ。 タイムライ...
国会

「コロナ危機対応」そして「定年問題」、デタラメすぎる安倍政権

コロナウィルスの感染者が毎日カウントされていく中で、発熱等の症状が出ながら「保健所が検査をしてくれない」と訴える人が多くいるようだ。 なぜ検査をしないのか? 五輪に向けて感染者数の実績を増やさないために違いない、とか、検査にかかる費用を...
国会

「検事長定年延長」問題、法解釈変更は「口頭決裁」で!?

2月20日の衆議員予算委員会、連日「検事長定年延長」問題が議論されているわけだが、これはもはや「議論」と言っていいのか迷うレベルになっている。 無理な閣議決定のつじつまを合わせるために、法務大臣がメチャクチャな答弁をし、人事院の役人がそれ...
国会

「検事長定年延長」問題、閣議決定に必死で寄せる大臣と官僚

コロナウィルスの感染拡大で日本中の関心がそちらに持っていかれる中、国会では黒川検事の定年延長問題という、「行政と法」に関わる、深刻な問題が議論されている。 ここで議論されている「与党政府の理屈」が通れば、今後日本では、行政が思うように法の...
国会

「桜を見る会」前夜祭、開催ホテルが「そんなこと言ってない」

2月17日は、辻元議員へのヤジ「意味のない質問だよ」に関して、型どおりの謝罪文を安倍総理が読み上げる形で、予算委が再開となった。 さっそく、辻元議員の追及が始まる。 「総理としての発言の責任」を何度も確認したあと、辻元議員は...
国会

「鯛は頭から腐る」首相のするべきことは「自身の幕引き」

2020年2月12日の衆・予算委、待ってました辻元議員。 本日、あちこちで報じられたのは、この出来事。 12日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が立憲民主党の辻元清美幹事長代行の質問が終わった際に、「意味のない質問だよ...
国会

「検事長の定年延長」立法当時の議事録に「検察官は含まない」

2020年2月10日、衆・予算委から、山尾志桜里議員の大事な指摘があった。 テーマは、検事長の定年延長の閣議決定は違法である、という件。 山尾議員「検察官に国家公務員法を適用して、定年延長を認めるというのは、検察庁と...
国会

「新型肺炎」感染研の定員削減、予算削減の対象除外を求める過去の質疑

2019年4月9日の参・内閣委員会から、田村智子議員の質疑を紹介する。(追記:4月22日→4月9日に日付を訂正しました。) 昨今の国家公務員の定員削減の観点から、国立感染症研究所で人手不足が起き、国の安全保障に支障をきたすのではないかとい...
スポンサーリンク