国会

議論の書き起こしを交えて、国会もようを解説します。

スポンサーリンク
国会

「スーパーシティ」の住人に主権はあるのか?

5月22日、黒川検事長の賭けマージャンが週刊文春により表沙汰となったその翌日に当たる。 この日の報道は、折からのコロナ情報と黒川案件一色に染まった。 その裏番組のような形で国会では、「地方創生及び消費者問題に関する特別委員会」という長い...
国会

「検察庁法改正案」 世論の注目で後ずさりする強行採決

5月15日、衆・内閣委員会では、与党が強行採決する心積もりであった「検察庁法改正案」が、来週に見送られることとなった。 同時に野党(維新を除く)は、武田良太担当相の不信任決議案を提出、これにより与党は19日の衆院本会議で不信任案を否決した...
国会

検察庁法改正案、運用基準は可決のあとに議論するというトンデモ

5月13日、衆・内閣委員会、後藤祐一議員(国民民主)が、検察庁法改正案の立法事実という新たな側面から、この法案に斬りこんだ。 後藤議員「階先生の質疑の中で、昨年10月の段階まで、検事長が63才以降居座ることがなくても、公務に著しい...
国会

さらに謎が深まる「アベノマスク」という公共事業

4月28日、衆院予算委の大串議員の質疑で、新たなるアベノマスク調達の背景が明らかになってきた。 大串議員「ユースビオに発注した布マスクは、枚数や単価は契約の関係上言えないということでしたが、3月24日に契約を結んで、3月中には納入...
国会

「桜を見る会」前夜祭と「晩さん会」に共通する不透明

ホテルニューオータニで行われた、安倍事務所主催の「桜を見る会・前夜祭」について、参加者から集めた5000円という参加費が、どうにも収支が合わないという内容の記事を前回書いた。 今回は、前回記事の末尾にある毎日新...
国会

「桜を見る会」前夜祭、5000円の収支が合わない

3月4日、参・予算委から、福山哲郎議員の質疑から、桜を見る会の「前夜祭」についての質問があった。 ホテルニューオータニで、桜を見る会の前日に、安倍後援会によって開催された「前夜祭」で、参加者がそれぞれ5000円を払っていたこと...
国会

総理が官邸で身近な人とだけ相談して決める唐突な対策、記録もない

3月2日、参・予算委、棚橋委員長がいないことと、時間制限が片道式なので、少しリラックスして聞くことが出来る。 まず問題にされたのは、一斉休校がどういう科学的知見や根拠に基づいて決断されたか、ということだ。 タイムライ...
国会

「コロナ危機対応」そして「定年問題」、デタラメすぎる安倍政権

コロナウィルスの感染者が毎日カウントされていく中で、発熱等の症状が出ながら「保健所が検査をしてくれない」と訴える人が多くいるようだ。 なぜ検査をしないのか? 五輪に向けて感染者数の実績を増やさないために違いない、とか、検査にかかる費用を...
国会

「検事長定年延長」問題、法解釈変更は「口頭決裁」で!?

2月20日の衆議員予算委員会、連日「検事長定年延長」問題が議論されているわけだが、これはもはや「議論」と言っていいのか迷うレベルになっている。 無理な閣議決定のつじつまを合わせるために、法務大臣がメチャクチャな答弁をし、人事院の役人がそれ...
国会

「検事長定年延長」問題、閣議決定に必死で寄せる大臣と官僚

コロナウィルスの感染拡大で日本中の関心がそちらに持っていかれる中、国会では黒川検事の定年延長問題という、「行政と法」に関わる、深刻な問題が議論されている。 ここで議論されている「与党政府の理屈」が通れば、今後日本では、行政が思うように法の...
スポンサーリンク