政治

スポンサーリンク
桜を見る会

「桜を見る会」30年前の公文書提出の外務省と、今年の名簿を出せない内閣府

12月6日「桜を見る会」追及本部のヒアリングも13回目になった。 内閣府の答弁は日に日に頑なになり、要求を「持ち帰って検討する」から「調査するつもりはない」という答弁が出てくるほどになった。 国会閉会までのあと数日のガマンとばかり、ラス...
桜を見る会

「ジャパンライフ」政治家の働きかけ疑惑に消費者庁は答弁拒否

3日のヒアリングで、ジャパンライフが勧誘に使っていた「桜を見る会に招待されました!」チラシを消費者庁が把握した期日が、大門議員の入手した情報と違うというところで終わった話の続きになる。 前回の記事。 ジャパン...
桜を見る会

消費者庁、ジャパンライフ「桜を見る会」招待状悪用チラシを見なかったふり

12月3日「桜を見る会」野党追及本部ヒアリング。 消費者庁の答弁の辻褄が合わなくなってきた。 今日の質問のポイントは、昨日公開された内部文書の「※政治的背景による余波懸念」というところに集中する。 関連記事 ...
桜を見る会

「桜を見る会」のなにが悪いのか 最大の問題点をまとめてみた

「桜を見る会」の何が悪いのか。 これまで18本の関連記事を書いてきたが、国会や野党ヒアリングを視聴して得た、どちらかというとマニアックな内容が多かったので、今回はもっと全体を俯瞰した視点で、「桜を見る会」を出来るだけ分かりやすく解説しよう...
桜を見る会

「桜を見る会」招待状悪用のジャパンライフに「忖度」で捜査配慮か

客の信頼を「桜を見る会」の招待状で釣っていたジャパンライフの問題が、「桜」の案件から、さらに違うフィールドへと延焼しつつある。 ジャパンライフと、消費者庁をはじめとした政府・政治家との癒着の問題だ。 この問題は「桜を見る会」からは独立し...
国会

「桜を見る会」で表れたジャパンライフと安倍首相の関係

安倍首相と「ジャパンライフ」という詐欺企業の、思いもよらぬ関係性が明らかになりつつある。 ジャパンライフが被害者に対して、圧倒的な信用の裏付けとして、「桜を見る会」の招待状を使っていたことは、ネットではずいぶん前から取り沙汰されていた。 ...
桜を見る会

「桜を見る会」反社の定義に警察官僚もバカになったふり

「桜を見る会」の野党ヒアリングを毎回視聴しているのだが、ニュースや新聞で取り上げられた「主要な部分」を差し引いても、「!?」という答弁が盛りだくさんの、異様な会合となっている。 内閣府答弁の「!?」シーンには、前回のブログで紹介した、サー...
桜を見る会

「桜を見る会」官僚がバカを装う苦しいウソ

22日、第5回目の野党ヒアリングで立憲・石垣のり子議員が、シュレッダーにかけられたいわゆる内閣府の「参加者全員分の名簿」のデータが、府内のどこかに残っているはずだと追及した。 「アクセスログやファイル生成記録が残らないというのはおかしい」...
桜を見る会

5年保存の「桜を見る会ファイル」提出できない内閣府

シュレッダーにかけられてしまった「招待者全員名簿」のデータはまだあるのか。 これが出てくれば、どの議員がどんな人を招待していたかということが明らかになる。 しかし、この攻防はまだもう少し長引きそうだ。 そんな中、名簿ではな...
桜を見る会

「桜を見る会」ジャパンライフ社長への招待状は首相枠?反社勢力は?

11月25日、参・行政監視委員会で共産党・田村智子議員から、また爆弾のような質問が出た。 質問というより、一方的な追及・暴露に終始していて、答弁に立った副官房長や官僚は、理詰めの追及に答弁することすらままならなかった、あっという間の15分...
スポンサーリンク