行政関連

スポンサーリンク
行政

トンネル企業入札疑惑「事業者のランク」とは?

これまでこのブログでは「持続化給付金」や「GoToキャンペーン」「キャッシュレスポイント還元」なと、電通がらみの怪しい公共事業の疑惑を取り上げてきたが、入札というのは関わったことのない者にとっては、なかなか想像が難しい世界でもある。 ...
行政

経産省と電通を繋ぐ C、Dランクの「推進協議会」

中小企業の業績悪化を救済する持続化給付金の給付事務が、769億円で「サービスデザイン推進協議会」というトンネル会社に発注され、その業務を749億円で電通に丸投げした案件が明らかになってから、さほど日にちも経たないうちに、今度はGoToキャン...
行政

「GoToキャンペーン」悪びれることなく用いられる官製談合の手口 

2020年度一次補正予算に盛り込んだ、GoToキャンペーン(予算額1兆6794億円)の外部委託事務経費が総予算の約2割に当たる3095億円にのぼり、その高額な経費が問題視されている。 持続化給付金の給付事務事業を、サービスデザ...
新型コロナウィルス

「毎週金曜日、福岡市役所で拍手」の本当の目的

気持ちの悪いニュースをひとつ紹介する。 医療関係者に感謝の一斉拍手 毎週金曜正午 福岡市役所 福岡市の職員が、新型コロナウイルスへの対応に最前線であたっている医療関係者らに感謝の気持ちを伝えようと、10日正午、職場から一斉に拍手...
行政

田舎で兼業・副業をすると交通費が助成される?「関係人口」ってなに?

ツッコミどころ満載の制度が発表された。 大手マスコミの中でも日経くらいしか、まだこの件を扱っていないようだ。 手短な記事なので、制度の深いところまでは見透かせない。 ただ、長い間「東京一極集中是正」を謳ってきた政府が、全く成果が出てい...
国会

農水省の官民ファンド赤字に「元祖仕分け人」が斬り込む

6月ごろから、ポツリポツリと一つずつ明らかになった事実が公表され、一般人にとっては非常に追いにくい事案となっていた、農林水産省所管の官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構(A―FIVE)」の件をようやく10月15日の参院予算委で蓮舫氏が取...
行政

「過疎」の代替語を総務省が検討中

「過疎」の代替語を、総務省が模索しているという。  総務省の有識者懇談会は2日、人口減少が進む地域を指す「過疎」に代わる用語を検討する方針で一致した。豊かな自然などに魅力を感じる人が増える中、マイナスのイメージがある言葉は実態に合...
行政

92億円損失の農水省「官民ファンド」少しずつ漏れ出てくるその実態

明日は国会閉幕ということで、いよいよ選挙の話ばかりで盛り上がりそうな今日この頃。 国会がないうえに、議員も選挙でそれどころではないので、話題としてはくすぶっているが、調べればかなり根深いスキャンダルが出てきそうなのが、「農林漁業成長産業化...
行政

金融庁の謝罪で幕は閉じるのか?2000万円不足問題

金融庁(三井秀範企画市場局長)が、「老後2000万円不足」に関して「意味のない数字でミスリードした」と謝罪した。 問題の根拠となった、「年金生活では毎月約5万円が持ち出し」グラフは、新しく出てきた説でもなんでもなく、これまでもこの数字...
行政

農水省「官民ファンド」92億円損失の「責任」はどこに

またまた政府のデタラメな行政の一部が明らかになった。 安倍政権になって設立され、大赤字を出した官民ファンドと言えば、真っ先に思いつくのは「クールジャパン」だ。 が、デタラメファンドは、それだけではなかった。 今回明らか...
スポンサーリンク