外交

スポンサーリンク
外交

安倍首相のイラン訪問が、壮大な藪蛇になる可能性

今回は、対イラン問題に触れてみる。 実を言うと、この分野に関してブログを書くのは、私にとって少し勇気がいる。 なぜなら、中東問題にあまり詳しくないからだ。(とる子というペンネームのくせに) ただ、詳しくないなりにも、報道を見て「これは...
外交

トランプ祭りの果て、日米貿易交渉

2019年5月25日トランプ大統領が日本にやってきた。 もう5回目になるのだそうだ。 今回も横田基地から入国するのかと直前まで噂されていたが、トランプ大統領は日本の正面玄関である羽田空港にランディングした。 背景になにか理由があったの...
外交

北方領土「戦争で取り返す」は撤回ではすまない

とんでもないバカモノが出たものだ。 北方四島「ビザなし交流」の訪問団に参加していた日本維新の会の丸山穂高衆院議員の発言が問題になっている。 5月11日午後8時ごろ、場所は一行が訪問中の国後島古釜布(ふるかまっぷ)の滞在先で起...
外交

安倍首相を(たぶん)悩ませている、豪首相からの提案

3月15日に起きた、ニュージーランドのクライストチャーチのモスク襲撃事件から1週間ほどが経った。 拘束された「男女4人」のうち3人は誤認逮捕、つまり犯人は単独で、オーストラリア出身の28歳の男性だった。 頭部に付けた小型カメラで、残...
外交

安倍首相とプーチンが仲良しだと、北方領土は返還されるのか?

政治アナリストの伊藤淳夫氏が、ラジオ番組でちょっと気になる話をしていた。 日ロ首脳会談の直前に、河野外相と会談をしたラブロフ露外相が、「北方領土という名前を変えろ」などとかなり厳しい態度を取っていたことは、以前にすでに紹介した。 ...
外交

日ロ首脳会談出発の当日になって漏れてきた、安倍政権の譲歩案

21日、安倍首相は日ロ首脳会談に臨むべく日本を立った。 が、その日の早朝にはこんなニュースがあった。 安倍政権、2島決着案を検討 北方4島返還「非現実的」(2019/1/21共同) 今回の交渉で、4島すべてが返還されるなどと...
外交

レーダー照射問題、政府もマスコミも騒ぎすぎる

「レーダー照射問題」が、毎日のように新聞やテレビをにぎわせている。 最初に断っておくが、私は兵器や軍事に関しては、全くの素人だ。 そういう遠慮もあって、これまでツイッターでもブログでも、この問題についてはあまり触れてこなかった。...
外交

日ロ外相会談、「北方領土はもうダメだ」という予感しかしない外交センス

1月14日、ロシアのラブロフ外相と河野外相がモスクワで会談した。 会談後、共同会見するのはやめましょうと日本側が事前に申し入れしたことが、ロシア側の暴露で炎上したのは昨日のことだ。 そして会談は終わり、予定通り共同会見は...
外交

長尾議員のツイッター「何をされるかわからない」は、看過するには度が過ぎている

一般論として、内戦などで危険な国へは渡航制限がなされます。 今の韓国の様に、常軌を逸した国へ渡航した場合、日本人が何をされるかわかりません。 感情だけで理が通じない。協議や法の支配、倫理、道徳も通用するとは思えない。 先ず...
外交

日本政府、外相会談後の共同会見をしないよう要望するも、ロシアに暴露される

13日、タス通信よりこんなニュースが報じられた。 14日にモスクワで予定されている日ロ外相会談の後に共同記者会見を行わないよう、日本の外務省側から要請があったということを、ロシアのザハロワ外務省広報官がロシアのテレビ番組で暴露したとい...
スポンサーリンク