スポンサーリンク
国会

「スーパーシティ」の住人に主権はあるのか?

5月22日、黒川検事長の賭けマージャンが週刊文春により表沙汰となったその翌日に当たる。 この日の報道は、折からのコロナ情報と黒川案件一色に染まった。 その裏番組のような形で国会では、「地方創生及び消費者問題に関する特別委員会」という長い...
新型コロナウィルス

「気の緩み」とはなんなのか

安倍首相が5月14日の会見で一部の地域を除く緊急事態宣言の解除を発表して以降、西村経済再生担当相が連日のように、「気の緩み」を連呼している。 39県で新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されたことに伴い、残る8都道...
新型コロナウィルス

緊急事態宣言とはなんだったのか?

1か月と少し続いた緊急事態宣言が、一部地域を除いて解除された。 緊急事態宣言、39県で解除…残る8都道府県は21日めどに再判断 安倍首相は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言を39県で解除することを決めた。 ...
国会

「検察庁法改正案」 世論の注目で後ずさりする強行採決

5月15日、衆・内閣委員会では、与党が強行採決する心積もりであった「検察庁法改正案」が、来週に見送られることとなった。 同時に野党(維新を除く)は、武田良太担当相の不信任決議案を提出、これにより与党は19日の衆院本会議で不信任案を否決した...
国会

検察庁法改正案、運用基準は可決のあとに議論するというトンデモ

5月13日、衆・内閣委員会、後藤祐一議員(国民民主)が、検察庁法改正案の立法事実という新たな側面から、この法案に斬りこんだ。 後藤議員「階先生の質疑の中で、昨年10月の段階まで、検事長が63才以降居座ることがなくても、公務に著しい...
新型コロナウィルス

5月4日安倍首相会見、無為な緊急事態延長が日本を壊す

5月4日、緊急事態宣言を5月31日まで延長するという発表のために、安倍首相が会見を行った。 相変わらずプロンプターを読み上げる、ヘタクソな朗読会のようなザマなのだが、今回は、持続化給付金を「8日から」というべきところを、「8月...
国会

さらに謎が深まる「アベノマスク」という公共事業

4月28日、衆院予算委の大串議員の質疑で、新たなるアベノマスク調達の背景が明らかになってきた。 大串議員「ユースビオに発注した布マスクは、枚数や単価は契約の関係上言えないということでしたが、3月24日に契約を結んで、3月中には納入...
新型コロナウィルス

アベノマスク調達 謎の1社が公表に「ユースビオ」

厚労省が頑なに公開を拒んでいた、アベノマスクメーカー4社中の「謎の1社」が、とうとう本日明らかになった。 アベノマスク調達の謎、これまでの経緯については、以下の記事が詳しい。 菅義偉官房長官の27日午前の記者...
新型コロナウィルス

アベノマスクの調達先1社、公開を頑なに拒むナゾ

4月1日、皮肉にもエイプリルフールのこの日、安倍首相によって全世帯に2枚ずつ布製マスクが配布されることが発表された。 想像よりも手配は速く、4月の半ばを過ぎたころから、学校や福祉施設、妊婦のいる家庭を対象に先行配布がされた。 ...
新型コロナウィルス

給付金10万円 政治家は返上より政治で解決を

収入の半減した世帯を対象にした給付20万円案が、岸田文雄氏の一押しでサプライズ的に30万円になったのは、つい4月3日のことだ。 その後、アベノマスクや貴族風コラボ動画などの官邸による失態が相次ぎ、与党の中であからさまに政局を反映しながら「...
スポンサーリンク